AGAの診察に掛かる料金相場

AGAは、前頭部から頭頂部にかけての頭髪が軟毛化する症状であり、男性ホルモンが変換された事により生産されるDHTという物質が原因です。この物資が、男性ホルモン感受性毛包の毛乳頭細胞の受容体と結び付く事により、毛母細胞の増殖を抑制する因子を誘導してしまいます。これにより、3年から5年程度続く成長期が短縮されるので、頭髪はすぐに抜けてしまう事になります。

この症状の進行を防止する効果がある治療薬が開発されており、現在では医療機関で購入する事が出来ます。フィナロは、この治療薬のジェネリックであり、インドの大手製薬メーカーにより製造されています。開発費用がかからないので、先行医薬品よりもかなり低価格で購入する事が出来ます。

AGAは、外見のイメージを大きく変えてしまう症状であり、最終的には生え際から頭頂部にかけての頭髪はなくなってしまいます。ただし、生命自体に直接影響を及ぼす症状ではないので、自由診療に分類されています。このために、AGA治療薬に対しては、健康保険は適用されません。

自由診療は、医療機関ごとに費用に違いがあります。このために、AGA治療薬の値段も大体の相場は一カ月に一万円程度ですが、医療機関ごとに異なっています。しかも、AGA治療薬は、服用を中止すると効果は持続されません。このために、原則的には生涯使用を継続しなくてはならないという事です。フィナロを使用するという事は、費用面において大きなメリットがあります。

フィナロは、DHTの生産に関与しているⅡ型5α還元酵素の阻害剤です。DHTの生産を抑制する事により、狂わされていた毛周期が正常な状態に回復します。頭髪は通常の成長を行えるようになるので、脱毛症の進行が止まる事になります。